smoothies’s diary

フルーツや野菜で作るスムージーやスーパーフードやオーガニック食品が好きで、さらにはファイトケミカルに興味津々な今日この頃。腸活と健康のためにぜひ覗いてみてください。

【レシピ】冷凍みかんのシンプルスムージー。ビタミンCで美肌効果!材料は3つだけ。

f:id:nsm4778:20200808164638p:plain

目次

 

みかんのスムージー

スムージーの材料は主にコストコ業務スーパーで調達しています。

どちらにも売っていないものはネットかカルディや、ふらりと立ち寄ったオーガニックのお店で購入しています。

コストコはさすがにアメリカンサイズ。冷凍いちごや冷凍マンゴーなど、どれもだいたい1キログラム以上ある大袋。いろんな冷凍フルーツを常備しておきたいけど、冷凍庫がパンクしてしまいますね。

一方業務スーパーにある冷凍フルーツは500グラムがほとんど。このサイズだと、数種類の冷凍フルーツをストックしておけますね。

今回は業務スーパーで冷凍みかんを見つけたので購入してみました。

f:id:nsm4778:20200808211427j:plain
500グラムで298円でした。オーガニックの表示はありませんね。

またココナッツアーモンドミルクというのも見つけたので購入してみました。こちらもオーガニックではないようですが、今回はこれを使いたいと思います。

f:id:nsm4778:20200808211512j:plain
原産国はタイ。1リットルで276円でした。

 

材料

[1人分]

ミキサーに入れる順番に並べています。

  1. 冷凍みかん  110g
  2. 冷凍バナナ  80g
  3. ココナッツアーモンドミルク  130㎖

f:id:nsm4778:20200808211610j:plain
たったこれだけです。これらをミキサーで攪拌してください。

僕はスムージーを作る際、なるべく素材は少なくしています。今回はみかんとバナナの2種類。多くても4種類までにしています。

f:id:nsm4778:20200808211745j:plain
完成ですー!

なんとも優しい色あいです。

 

みかんの栄養とその効能 

みかんには多くのビタミンCが含まれています。その量はみかん100g中35g。風邪予防や美肌効果があります。また疲労回復効果のあるクエン酸も多く含んでいます。

それから、中の皮に白い部分がありますよね。しっかり取り除く人が多いと思いますが、ここにはビタミンPが多く、毛細血管を強くする効能があると言われています。

そしてファイトケミカルおたくの僕が着目するのは、βークリプトキサンチンです。

ファイトケミカルとは、7番目の栄養素として注目されていて、トマトのリコピンや唐辛子のカプサイシンなんかは聞いたことがあるのではないでしょうか。

βークリプトキサンチンには、脂質代謝異常症の予防糖尿病の予防肝機能の正常化動脈硬化の予防などの効果が期待できると言われています。

 

ココナッツアーモンドミルク

今回ココナッツアーモンドミルクというのを初めて使ってみました。ココナッツよりもアーモンドの風味のほうが強かったですが、ミルクの丸い甘みが結構感じられ、とてもおいしかったです。

アーモンドミルクやココナッツミルクを使うと、どこか南国感が漂うスムージーになりますね。

 

まとめ

バナナの濃厚な甘みがみかんの甘酸っぱさをまろやかに包み、そしてアーモンドの風味が優しく駆け抜ける、といった感じのスムージー。さっぱりとした後味でした。

みかんやオレンジ、グレープフルーツなど、いわゆる柑橘系のスムージーってあんまり作ったことがなかったんですね。ですが今回みかんのスムージーを作ってみてとてもおいしかったので、今度はグレープフルーツのスムージーに挑戦してみようかなと思いました。

アンチエイジングにも効果のあるアーモンドミルクで作る美肌みかんスムージー。是非作ってみてください。