smoothies’s diary

フルーツや野菜で作るスムージーやスーパーフードやオーガニック食品が好きで、さらにはファイトケミカルに興味津々な今日この頃。腸活と健康のためにぜひ覗いてみてください。

タイガーナッツスムージーをおうちで作ろう!さてそのお味はいかに!

f:id:nsm4778:20210304111805p:plain

 

 

タイガーナッツスムージー

先日、神戸はダイエーの中にあるボタニカルショップに入っているスムージー屋さんで、タイガーナッツスムージーを買って飲んでみました。

タイガーナッツは初めて食しましたがとてもおいしく、そしてタイガーナッツ自体の栄養価の高さに惚れてしまいました。

 

www.smoothiesdiary.com

 

 

ということで、おうちでも飲んでみたいと思い作ってみました。

お店のとは少し違ったsmoothie husbandバージョンです。

 

材料

【2人分】

  1. タイガーナッツ  16こ。約9g
  2. プルーン  2つ。約15g
  3. デーツ  2つ。約30g
  4. 冷凍バナナ  80g
  5. オーツミルク  360ml
  6. MCTオイル  小さじ1

 

f:id:nsm4778:20210304112128j:plain


タイガーナッツは皮あり、皮なしどちらでもいいです。お好みで。

ただ皮ありで作るほうが食物繊維はたくさん摂取できます。野菜や果物はたいてい可食部より皮のほうが栄養価が高いです。

タイガーナッツをそのまま食べるならば皮なしのほうが食べやすいようですね。けれど今回はスムージーにするので、食べやすさに対する皮そのものの影響はあまりないのではと考えます。

ただネットで皮ありのタイガーナッツを検索してもあまり扱っているところはないようですし、お値段も比較的高いように感じるので皮なしで十分かと思います。

 

そしてプルーン。お店ではプルーンをふたつ入れていたように見えましたが、もう少し甘みが欲しかったのでプルーンとデーツひとつずつにしてみました。

デーツはコストコで買ったもの。

 

f:id:nsm4778:20210304112212j:plain


コストコのデーツはひとつひとつが大きいです。そして種があるので、必ず種を取ってください。

プルーンとデーツは柔らかくしておきたいので、数十分オーツミルクの中に入れてふやかしておきます。

 

そして冷凍バナナ。お店では生のバナナを使って氷を入れていましたが、氷は入れずに冷凍バナナを使います。余計な水分は不要です。

 

そしてオーツミルク。お店では豆乳を使っていましたが、僕はオーツミルクにしました。ミルクは好みのものでいいと思います。

 

MCTオイルはおまけで。

MCT(中鎖脂肪酸)オイルは脂肪を蓄積しにくいだけでなく、MCTの摂取に加えて運動を習慣化させると脂肪が減り、筋肉量が増える効果が期待できるようです。

 

作り方

  • ふやかしたプルーン、デーツを含めすべての材料をブレンダーでなめらかになるまで攪拌させてください。
  • ドライフルーツの粒がある程度残るほうが食感がよく、また噛むことによって満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防いでくれます。さらによく噛むことによって脳細胞が刺激され、脳の血流がよくなることによって脳が活性化されます。その他にも胃腸の働きを促進したりとメリットがたくさんあり、噛むということはとてもいいことなんですね。

 

f:id:nsm4778:20210304112247j:plain

 

お店のとよく似たスムージーが出来上がりました。気になるお味もそっくり。デーツを入れた分、甘みが増してまろやかになりました。とても飲みやすく、大変気に入っております。

 

まとめ

タイガーナッツに完全にハマってしまい、最近の朝はこのスムージーをずっと飲み続けています。整腸効果、また美容効果が表れることを期待しております。 

アーモンドよりも食物繊維やビタミンEが豊富なタイガーナッツ。スムージーにすれば繊維質も気にならずおすすめです。